永遠を夢見ているならエタニティリングを渡そう

計算された輝き

ダイヤの指輪

婚約指輪や結婚指輪に

ダイヤモンドは一般的に、大粒のものほど希少価値が高く、その分価格も高めとなっています。しかし大きくても、輝きが強いとは限りません。不純物が混ざっていたり、透明度が低かったり、カット面が少なかったりするダイヤモンドは、輝きがやや弱いのです。逆に言えば、小粒でも透明感がありカット面が多いダイヤモンドなら、強く輝くと言えます。その上小さいのですから、大粒のダイヤモンドと比較すると、安く購入できるのです。そしてラザールダイヤモンドは、特に輝きが強いことから注目されています。ラザールダイヤモンドは、透明度が最高ランクとなっている原石を、58面体になるようにカットすることで作られています。しかも各面の角度や面積は、その原石が最も輝くようなものとなっています。具体的には、浴びせた光が内部でより多く反射するように、計算してあるのです。光は、反射するたびに波長つまり色合いを変化させるので、これによりラザールダイヤモンドからは、様々な色の光が放たれます。つまりラザールダイヤモンドは、単に輝きが強いだけでなく、カラフルに輝くダイヤモンドと言えるのです。そのため多くの人が、ラザールダイヤモンドがついている指輪を婚約指輪や結婚指輪として選んでいます。美しくきらめいているにもかかわらず、大粒ではないため生活上の動作の妨げになりにくいからです。特によく選ばれているのは、0.18カラット以上のラザールダイヤモンドがついている指輪です。その大きさのラザールダイヤモンドには、個別IDの刻印があるため、盗難に遭いにくいというメリットもあるのです。